死してもなお、主人の事を想い片時も離れないと誓った猫の愛に世界が涙する…。

死してもなお、主人の事を想い片時も離れないと誓った猫の愛に世界が涙する…。

猫の愛

猫は三日で恩を忘れる、と日本のことわざであります。

「猫は、三年間飼ってやっても、その恩を三日で忘れてしまう。

猫はつれない動物であるというたとえ。」

であり、事実とはまた違ったものです。

猫の短期記憶は人間の20倍ほどあるといわれており、印象に残る事であれば猫は忘れません。

少し気まぐれで警戒心が強い猫が多いため、

「猫は三日で忘れる」

なんていわれますが、そんな事はないんです。

今回ご紹介するのは、とっても心温まるお話です。

亡くなった飼い主の事を想い、傍を離れたくないために墓暮らしを決意した猫。

今回の猫が発見されたのはインドネシア中部、ジャワ州にある墓地。

たまたま墓地の近くを通りかかった「Keli Keningau Prayitno」さんは(以下Keliさん)墓地にたたずむ猫を発見しました。

とても人懐っこく、可愛らしいこの猫。

捨て猫だったら可愛そうと思ったKeliさんは、この猫を自宅につれて帰ったのです。

しかし、連れて帰ってみたはいいものの、ふと気づくと猫の姿がどこにもいなくなっているのです。

そしてKeliさんは、もしやと思い再び墓地に行きました。

するとKeliさんが猫を拾った場所と全く同じ場所に居たのです。

次ページで「死してもなお、飼い主のことを愛す猫」をご紹介します!

 
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin