保護された15歳の老猫⇒Facebookで運命の飼い主との出会いに感動した…

老猫の名は「バーナビー」。

ある運命的な出会いが彼の人生を大きく変えたのです。

いったいどんな出会いだったのでしょうか?

保護されたれた老猫

出典:Google画像

ある日、全身ボサボサの15歳の老猫が路上で発見され、動物保護施設『ボールヒーズ・アニマル孤児院』へ保護されました。

老猫はとても愛情に飢えてる状態と見て取れ、スタッフたちは老猫に「バーナビー」と名をつけました

バーナビーはとても人懐っこい猫で、たちまち施設のスタッフの人気者になりました。

人気者の「バーナビー」にとって安心して住める場を何とかしたいという思いから、スタッフはバーナビーに素敵な里親さんを探してあげることを誓いました。

早速、Facebook等のSNSで募集を始めることにしました。

スタッフが里親さんの募集を始めるとFacebook上でバーナビーを見たというご夫婦が現れました。

老猫「バーナビー」にとって運命の出会いになるこの老夫婦。

このご夫婦と「バーナビー」は一体どうなるのでしょうか?