【感動秘話】20年越しに渡された手紙⇒それは娘が生まれた翌日父が思いを綴ったものだった…。

20年越しに渡された手紙、それは娘が生まれた翌日父が思いを綴ったものだった…。

『20年後の娘』宛の手紙に込められた父の思いとは?

『タイムカプセル』というものを小学校の時に経験した人はいませんか?未来の自分あてに手紙を書いて、いつかそれを掘り起こし、皆で当時の事に思いをはせるというものです。

そんなロマンチックな事を自分の娘に対して行ったお父さんがいます。娘が誕生した翌日に『二十歳になった美沙へ』と題した手紙を書いたのです。

素敵なお父さんですね。このエピソードは当の娘の美沙さんがツイッターに投稿し、感動を呼んだものです。9万近いいいね!が押されたのも分かります。

父が書いた手紙の内容がコチラ

次ページで「Twitterユーザーから感動の声」をご紹介します!