事故で父と娘は松葉杖が必要な体に→4年間後、父の嘘が発覚した…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

とある家族が、旅行先で事故に遭遇。

父と娘は、松葉杖が必要な体になってしまいました。

しかし4年後、父がある嘘をついていたことがわかると…

 

今回紹介する話は、「とある家族に起こった不幸が、家族の愛を再確認させてくれるキッカケとなった」そんな感動する実話です。

普通は耐えられないであろうことを、「子どもを慰めるため」といい4年間も続けていた父。

その事実を知った時、娘は泣き崩れます。

 

父のやさしい嘘

数年前、家族旅行の帰り道、大きな事故に遭遇しました。

その事故のせいで、私は2本の松葉杖なしには歩けなくなってしまったのです。

私よりましだったものの、父も松葉杖が必要な身体になってしまいました…。

思春期には劣等感に悩まされ、死にたい」と思ったこともありました。

そんな時、いつも父が慰めてくれました。

父も同じ痛みを知っているから、私の気持ちをちゃんとわかってくれていたのです。

父の愛に励まされ、無事大学にも合格。

入学式の日、父は私のことを誇りに思うといって涙ぐみました。

そして、入学式を終えて会場からでてきたときのことです。

目の前で、信じられないことが起きたのです・・・