余命3か月と診断された「42歳のあるお母さん」⇒子供のため、最後に取った行動に涙する…。

余命3か月と診断された「42歳のあるお母さん」

子供のため、最後に取った行動に涙する…。

余命3か月と診断された女性

僕が看取った患者さんにスキルス胃がんに罹った女性の方がいました。

余命3か月と診断され彼女は諏訪中央病院の緩和ケア病棟にやってきました。

ある日、病室のベランダでお茶を飲みながら話していると彼女がこう言ったんです。

「先生、助からないのはもう分かっています。

だけど、少しだけ長生きをさせてください」

彼女はその時、42歳ですからね。

そりゃそうだろうなと思いながらも返事に困って黙ってお茶を飲みました。

すると彼女が

「子供がいる。子供の卒業式まで生きたい。

卒業式を母親として見てあげたい」

と言うんです。9月のことでした。

彼女はあと3か月。

12月くらいまでしか生きられない。

でも私は春まで生きて子供の卒業式を見てあげたいと。

子供のためにという想いが何かを変えたんだと思います。

奇跡は起きました。

春まで生きて卒業式に出席できたのです。

こうしたことは、科学的にも立証されていて例えば希望を持って生きている人のほうが、がんと闘ってくれるナチュラルキラー細胞が活性化するという研究も発表されています。

おそらく彼女の場合も希望が体の中にある見えない3つのシステム内分泌、自律神経、免疫を活性化させたのではないかと思います。

さらに不思議なことが起きました。

次ページで「子供のために母親が取った行動」をご紹介します!