余命わずかな女の子と幼なじみの男の子が病室で『結婚しよう!』の夢を叶える!

余命わずかな女の子と幼なじみの男の子が病室で『結婚しよう!』の夢を叶える!

余命わずかな女の子と幼なじみの男の子

5歳のメアリーちゃんは、嚢胞性線維症及び慢性肺炎に長年苦しんできました。

いつも彼女をはげましてきたのは、同じく5歳の大親友、ダミアンくんです。

幼い2人は

「結婚しよう」

とかたく誓うも、メアリーちゃんの余命はあとわずかです。

「この人生では結婚できない」

子供ながらにそう思っていた2人は

「次の人生で結婚しようね!」

と約束しました。

医師が…

「少女はもってあとわずかです。」

と家族に告げた時、家族はある決断をしました。

次ページで、家族の決意をご紹介します!