ブルゾンちえみ、R-1でネタが飛ぶ痛恨のミス…ツイッターで謝罪

\ニュートレに『いいね』お願いします/

2月28日「R-1ぐらんぷり2017」の決勝戦が行われました。

優勝候補のブルゾンちえみさんが、本番中にネタが飛んでしまい、結果発表前に号泣してしまう事態に…。

 
 

ブルゾンちえみが号泣…そのワケとは?

2月28日、ピン芸人No.1を決める「R-1ぐらんぷり2017」決勝戦が、東京お台場のフジテレビにて行われました。

「R-1ぐらんぷり」とは、ピン芸人の中で誰が一番面白いかを決める大会です。

東京と大阪で予選が行われ、1回戦・2回戦・3回戦と勝ち進んでいった芸人たちが、準々決勝と準決勝、そして決勝戦へと進むことができます。

決勝戦には12人が参加し、トーナメント方式でお互いの芸を競いあいました。

今回、優勝候補として注目されていたブルゾンちえみさんは、決勝ファーストステージで3グループ目に登場します。

 

ブルゾンちえみさんは得意の「上から目線の女性」ネタを披露。

登場した12人の中で唯一、準決勝からネタを変えて勝負に挑んでいました。

 
 

人気のキャリアウーマンネタで出場したのですが、ここであるハプニングが。

「一目ぼれはインスピレーション」とくちびるに人差し指をつけるポーズのままネタが飛び、言葉が詰まってしまいました。

そして、下を向いて5秒間ほど流れが止まってしまいます。

ですが、すぐに気を取り直し「好きになった時点で」とセリフを絞り出します。

緊張のあまり、頭が真っ白になっていたんでしょうね。

その緊張ぶりが会場に伝わるミスでしたが、最後までステージをやり切りました。

 

痛恨のミスで迎えた結果発表。こらえきれず・・・

司会の宮迫さんから「(相棒の)withBがいなかったけど」と突っ込まれるとこらえきれず、涙を流すブルゾンさん。

「すいません。ちょっと、めっちゃネタ飛んじゃいました・・・」

両手で涙を拭うブルゾンさん。

宮迫さんから「大丈夫や。いろんな意味で伝説残したな!」となぐさめられると「悔しい」と下を向いていました。

「お茶の間投票」では最多の44%を集めたブルゾンさん。

ですが、審査員票は伸びずに4人中3位という結果に終わり、初優勝にはなりませんでした。 

ブルゾンさんは、同日深夜に以下のようにツイッターを更新しました。

 

ネット上の声は

ネット上では以下のような意見が寄せられていました。

  • ブルゾンテレビ出されすぎて練習する時間取れなかったんだろうなあと
  • 涙も好感持てたよ
  • 可愛かったけど、芸人的にはTVで泣くのってあかんのやろな
  • 正直ちょっと可愛かった
  • あいつから女を感じたわ
  • 本人死ぬほど悔しいだろうな
  • 間がおかしかったしやっちゃったなとは思ったが泣くなよ
  • withBが本体だった

まだまだ、芸歴2年目のブルゾンちえみさん。

これからの活躍を応援しています。