織田信成氏、涙の会見…関大・浜田美栄コーチに1100万円賠償求めモラハラで提訴【フィギュア】

織田信成氏、涙の会見…関大・浜田美栄コーチに1100万円賠償求めモラハラで提訴【フィギュア】

フィギュアスケートの元冬季五輪男子代表、織田信成氏がモラハラを受けたとして、

関大の浜田美栄コーチに損害賠償を求めて提訴した。

織田信成氏、浜田美栄コーチに損害賠償求めて提訴①

フィギュアスケートの2010年バンクーバー冬季五輪男子代表、織田信成氏(32)が18日、

モラルハラスメントを受けて関大アイススケート部の監督辞任に追い込まれ、精神的苦痛を受けたとして、

同部の浜田美栄コーチ(60)に1100万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

織田氏は同市内で会見し、経緯などを説明。

涙をこぼしながら

「選手たちが健全な環境で練習できるようにと提訴した」

と語った。

100人近くの報道陣が集結した会見に、織田氏は弁護士とともにスーツ姿で臨んだ。

緊張した表情を浮かべ、ときにこみあげるものを抑えながら、母校・関大を舞台にしたモラハラ騒動の経緯や提訴に至った理由を説明した。

次ページで『織田信成氏、浜田美栄コーチに損害賠償求めて提訴②』をご覧ください!