逃走中のハンターになる条件とギャラ…。ヤラセの実態が酷すぎた!

逃走中のハンターになる条件とギャラ…。

ヤラセの実態が酷すぎた!

逃走中

「逃走中」という番組を見た事のある方は多いのではないでしょうか?

2004年に初回が放送されて以来、現在も単発番組として続く、とても人気番組です。

内容は様々な舞台でゲストが「逃走者」としてハンターと大規模な鬼ごっこを行い、ゲストが制限時間以内に捕まらなかったら賞金を貰えるというものです。

その中で逃走者にはあらゆるミッションが与えられます。

中には他の逃走者との協力が必要なものなどもあり、ドキドキハラハラが止まらない内容となっています。

今回はそんな「逃走中」のハンターになる為の条件やヤラセの実態について紹介します!

ハンターになる為の条件

「逃走中」に出てくるハンターは、バイトで一般人から選出されているようです。ということは一般人でもハンターになれるようですね。

では、ハンターになる為の条件にはどんなものがあるのでしょうか?噂止まりにはなってしまいますが、このような条件があるようです。

とんでもない身体能力に加えて、身長制限とかなりハードルが高そうです。逃げ切っているゲストがスゴイですね…。

番組内に登場するハンターには設定があり、クロノス社による月村サトシが作った「アンドロイド(人造人間)」というものなので走っても息切れしないなどのロボットとしての役柄を求められるようですね。

さらに、ハンターはイケメンでスマートな体型の人ばかりですね。なので、恐らく、体型や顔なども審査の項目に入っていると考えられます。なかなか狭き門ですね…。

これ程のハードルを乗り越え、ロボットとしての役柄をこなすハンターとなれば、なかなかギャラもいいのではないでしょうか…。

次ページで、気になるハンターのギャラを紹介します♪