伝説のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』に出演していた俳優の現在がスゴすぎる!

2000年に放映されたドラマ『池袋ウエストゲートパーク』が伝説となった理由には、出演していた俳優陣の凄さにあります。今では絶対集結不可能な豪華キャストとは!?

池袋ウエストゲートパーク

『池袋ウエストゲートパーク』とは石田衣良の小説を原作として、脚本家・宮藤官九郎がキャラクター設定を大幅に変え、随所にクドカンらしい小ネタが挟み込まれたドラマです。

『池袋ウエストゲートパーク』(いけぶくろウエストゲートパーク)は、2000年4月14日から6月23日まで毎週金曜日21:00 – 21:54に、TBS系で放送された日本のテレビドラマ。主演は長瀬智也。脚本は宮藤官九郎。チーフ演出は堤幸彦。通称およびドラマ内での愛称は「I.W.G.P.」。

放送終了後に出演者の人気が急上昇した事に加え、深夜の再放送も高視聴率を叩きだしたため、今では伝説のドラマと言われ『もう一見たい』という声が多く寄せられたのでした。

▼主なあらすじ

実家が果物屋の青年 真島マコトは池袋西口公園(これがタイトルの池袋ウエストゲートパーク{以下IWGP}の由来)にたむろしていて、池袋のトラブルを解決するものとして住民に幸福と平和を維持することを目的として依頼される問題などを解決していた。そんな真島が自分の高校の同級生や友達が事件に巻き込まれたりしそれを基本一話完結式で解決し進めていくストーリー。

豪華キャストを振り返る

確かに今から振り返ると豪華なキャストですね。

ブレーク前の役者さんが多かったためでしょう。言い換えればここからブレーク出来た役者は、それだけ力があるという事ですね。

次ページで「今では絶対に共演することのない豪華キャスト」をご紹介します。