伝説のドラマ『池袋ウエストゲートパーク』に出演していた俳優の現在がスゴすぎる!

今では絶対に共演することのない豪華キャスト

真島 誠(マコト) 演 – 長瀬智也

通称「池袋のトラブルシューター」。血液型O型。常に帽子を被っている。地元・池袋の工業高校を卒業後に「プータロー」(フリーター)となり、実家の果物屋を手伝ったり賭けボウリングで小遣いを稼ぎながら、池袋西口公園=池袋ウエストゲートパーク(IWGP)で過ごしている。

渋沢 光子(ヒカル) 演 – 加藤あい

マコトの彼女。お嬢様学校の生徒で、よく池袋に遊びに来ている。

安藤 崇(タカシ) 演 – 窪塚洋介

池袋を勢力下に置く、黄色を自身らのパーソナルカラーとして用いるカラーギャング集団「G-Boys」(ギャング・ボーイズの略、士の回では「ギリギリ・ボーイズ」の略と明かす)・「G-Girls」(ギャング・ガールズの略)の通称「キング」。血液型A型。飄々としたトリッキーなキャラクター性と非常に残忍かつサディスティックな嗜好を持ち、暴力と独特のカリスマ性で不良少年たちをまとめ上げている。

山井 武士(ドーベルマン山井) 演 – 坂口憲二

池袋で最も切れている男。血液型AB型。凶暴で孤独、鼻と耳のピアスをチェーンで繋げているのがトレードマーク。

森 正弘(マサ) 演 – 佐藤隆太

マコトの相棒の大学生。血液型B型。白に近い金髪。ボウリング場でアルバイトしながら、いつもマコトとつるんで池袋西口公園で遊んでいる。

尾崎 京一 演 – 西島千博

フランス帰りのバレエダンサー。血液型はB型。帰国後は一時G-boysのメンバーと行動を共にするが、独自の美意識からタカシのやり方に異を唱え離脱

水野 俊司(シュン) 演 – 山下智久

マコトの友達で、イラストが得意な専門学校生。血液型B型。アニメオタク(特に「ラムちゃん」が好き)

森永 和範 演 – 高橋一生

次ページで「今では絶対に共演することのない豪華キャスト」をご紹介します。