【大暴露】KAT-TUN・田口淳之介がジャニーズ事務所を退所した本当の理由とは…!?

KAT-TUNを脱退し、ジャニーズ事務所までも退所した田口淳之介が辞めた本当の理由を大暴露!

田口淳之介脱退で6人いたKAT-TUNが3人に…。

2001年、堂本光一の専属バックダンサーとして亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一の6人で結成されたKAT-TUN。

その名前は、6人の名前の頭文字からとって付けられたものです。

2006年にはCDデビュー前に東京ドーム公演を開催し、3月にCDデビューを果たして順調に人気グループへと成長していきました。

しかし、2010年に赤西仁が脱退・ジャニーズ事務所も退所し、2013年には田中聖が「度重なるルール違反行為があった」との理由で契約解除され、KAT-TUNは4人に…。

2016年3月末で田口淳之介も脱退!ジャニーズ事務所も退所しました。

これで6人いたKAT-TUNは3人になり、5月1日の東京ドーム公演を最後に一旦「充電期間」に入りグループとしての活動は休止。それぞれソロ活動に専念することになりました。

次ページで「田口淳之介脱退の理由とは!?」をご紹介します!