テレビナレーション、45歳の独身女性をイジり批判続出「不快だった」

テレビナレーション、45歳の独身女性をイジり批判続出「不快だった」

11月10日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、

ナレーターによる〝イジり〟が出演者を侮辱しているとして視聴者から批判を浴びている。

テレビナレーション、45歳の独身女性をイジり批判続出①

この日は、世界の絶景をバックに撮影した写真をカレンダーに収める「カレンダープロジェクト」のロケに金子貴俊が挑戦。

東アフリカのタンザニアで最大体重3トンのカバが8、9月に大群をつくる光景が見られるようで、

そのシーンを収めようと同国を訪れることになった。

同コーナーは『プロジェクトX』(NHK)で有名な田口トモロヲが、同番組のパロディー風のナレーターを務めている。

ナレーションでは、髪を後ろで結んだ金子の額を

「サバンナ地帯」「年々砂漠化が進んできている」と表現し、

髪が薄くなっていることを揶揄するなど、いつものように笑いを誘った。

独身女性マネジャーに「心配になる」「気の毒」と声をかぶせ…

次ページで『テレビナレーション、45歳の独身女性をイジり批判続出②』をご覧ください!