夫の女後輩が毎日家に来る。私『いい加減にして!!』夫「後輩が可愛いからってひがむなよwww」⇨私『離婚して下さい。(緑の紙)』夫「えっ」⇨すると…。

はっきり気色悪いと言ってくれたのは元義母だけ

元夫にも、元義一家にも、元義兄にも、

T本人にもいい加減にしてくれと訴えたが、

元義一家のなかではっきり気色悪いと

言ってくれたのは元義母だけだった。

元義父と元義兄は、元義兄の

「仕事が忙しくてあまり時間がとれないからさみしいんだ。

そっちも子供がいないんだし、嫁さん同士仲良くしてくれ」

だと。

元夫に至っては「Tが可愛いからってひがむなよwww」

と頓珍漢なことを言う始末だった。

何度も「私が自分の幼なじみの男を連日家に連れてきて、

深夜まであなたの前でベタベタして酒飲んでいても平気なの?」

って言ったのに、

「お前にそんな甲斐性ないだろうwww」って笑ってた。

相当見くびられていたんだなと思う。

Tが押しかけてくるようになってレスになった。

Tと毎日のように酒飲んでベタベタしている

元夫が汚物に見えて触られるのが嫌になった。

部屋の間取り上、ベッドは一つしかないから

元夫をリビングに追い出して一人寝した。

それを元夫はTと酒飲んでいる時に面白可笑しく笑い話にした。

元夫「ヤキモチ焼いてベッドに入れてくれないんだー」

T「先輩かわいそう。なぐさめてあげる」

っていうやりとりを目の前でされた時は、

何で私こいつと夫婦やってんだろうって本気で思った。

話し合いで解決しようにも、

そもそも会話にならないし、もうこいついらないって思った。

この一連と離婚する気でいることを

元義母に打ち明けたら、手放しで賛成されたよ。

夫と息子の見る目のなさに呆れてた。

「あれは絶対、男の間を渡り歩いて生きている女だ」

っていう元義母の主張は離婚が成立してすぐに事実だと判明した。

Tが家庭に乱入してきて、夫婦らしい時間も

会話もなくなっていたのに私が緑の紙を

出したらオロオロしはじめた元夫が滑稽だった。

うろたえた元夫が

「Tは弱いやつなんだ。お前は強いから大丈夫だろう」

とか言われたけど意味不明すぎて理解できなかった。

調停を覚悟したけど、義母が一喝してくれたおかげで即離婚できた。

離婚が成立して私はすぐ引っ越した。

引っ越す前に働いていた会社の上司に離婚を

報告したら二つ返事で再雇用&会社の独身寮に

入れてもらったおかげで再出発はスムーズに進んだ。

次ページで『晴れて独身に戻ってそれなりに楽しく暮らしていたんだけど、』をご紹介します!