男『これから飛び降りるんですか?』女「はい」男『それなら、その前に僕に抱かれませんか?』女「はい?」⇨この後、まさかの結末に…。

『これから飛び降りるんですか?』

「はい」

『それなら、その前に僕に抱かれませんか?』

「はい?」⇨この後、まさかの結末に…。

飛び降りようとする女に『抱かせて!』と言う男①

男「靴脱いでるし、これから飛び降りるんですよね?」

女「おっしゃるとおり、飛び降りようとしてましたけど。
なんですかあなた?」

男「よかったあ!」

女「はい?」

男「だって自禾殳するんですよね、ここから飛び降りるってことは」

女「そうですが」

男「自禾殳するっていうなら、その前に僕に抱かれませんか?」

女「はい?」

男「なかなか出会えないんですよね、これからタヒぬって人に」

女「……」

男「しかも僕は運がいい。こんな美人とめぐり会えるなんて」

女「あの、飛び降りていいですか?」

男「僕の話、聞いてたでしょう?」

女「ええ。エッチがどうとか言ってましたね」

男「フッ、そうです。僕の目的はただその一点のみです」

男「安心してください」

男「あなたの自禾殳を止める気なんて、僕にはこれっぽっちもありませんよ」

女「帰ってもらっていいですか?」

男「僕に帰る場所はありません。あるとしたら、あなたの胸の中だけだ」

女「もう飛び降りていいですか?」

男「どうして!?」

女「ご自分の胸に聞いてください」

男「いいでしょう。あなたを止める資格は、僕にはない」

男「ただ、ひとつだけ聞かせてもらってもいいですか?」

女「ひとつだけですよ」

男「三日前って白のパンティー履いてました?」

女「……はい?」

男「『なぜ見ず知らずの男が、わたしの履いているパンティーの色を知っている?』」

男「そんな顔をしてますね」

女「あなた、なんなんですか」

男「フッ、どこにでもいる素人童貞ですよ」

女「それは聞いてません」

男「なぜ僕があなたのパンティーについて知っているのか」

男「簡単ですよ。あなたはここ一週間、このマンションの屋上から飛び降りようとしていた」

男「そうですね?」

女「一週間も前から、わたしのことを見ていたんですか」

男「正確にはあなたではなく、あなたのスカートの中を、ですがね」

男「あなたは飛び降り自禾殳を実行しようとしていた」

男「しかし、いつもギリギリでやめてしまいますね」

女「……」

男「いやあ、一週間前にこのマンションを見上げたときは驚きましたよ」

男「『あっ、パンツだ!』って」

続きは次ページでご覧ください♪