【火葬場の都市伝説】死者が蘇る話⇨『熱い!助けて~…』職員が助けない理由が怖すぎる…。

火葬場の秘密。『熱い、助けて〜』と悲鳴!

⇒職員が語る助けない理由が怖すぎる…。

火葬場の職員から聞いた話

火葬場の職員から聞いたお話が、

とてもショッキングと話題に…。

その聞いた話によれば

『10年に一回くらい、火葬中に生き返る人がいる』との事でした。

あまりの高温に、生き返ってしまうとのことです。

火葬中に、小窓から覗くと、中で生き返った人が暴れいたとのお話なのです。

『生き返っても、助けない。』なぜなら…

その職員さん曰く

『どうせ助からないからそのまま焼いてしまう。』

誰にも口外せずに、そのままで、

最後まで焼くとの怖い暴露話でした。

このお話の真偽は分かりませんが、

単なる都市伝説とみる人もいます。

なぜならば、法律で『死後24時間以内の火葬』

は禁じられているからです。

「原則として、死体は、死後(もしくは死産後)24時間以内は火葬してはならない」

出典元:www.mhlw.go.jp

墓地、埋葬等に関する法律第3条

現在は、病院で息を引き取ることが多く、

死亡を医師が判断します。

脳死後に復活することはないと考えられます。

次ページで『海外では蘇生例が報告されている』を詳しく紹介します。