式中、新婦の祖母が眠るように亡くなってた。⇒そこにサプライズで『新婦から大好きなおばあさんに花束を!』

式中、新婦の祖母が眠るように亡くなってた。

そこにサプライズで
『新婦から大好きなおばあさんに花束を!』

新婦の祖母が眠るように亡くなってた①

新婦とは幼稚園からの幼馴染み。

出席の際、懐かしいとアルバムから

新婦がよく写っている写真を何枚か持っていった。

披露宴には新婦のおばあさんもいて、

この日のためにとホームから来たらしい。

おばあさんに写真を

見せるととても喜んで、ずっと撫でていた。

宴も進み、ケーキカットとなった時、

みんな新郎新婦に視線が行く中、

ふとおばあさんを見たらうつむいていた

何気なく近寄ったら肩が動いていない。

嫌な予感に新婦のお母さんに耳打ちすると、

えっ!?とおばあさんを見て傍に寄った。

間に私はカメラ構えて撮りに行こうとする

同じテーブルから、

看護婦の友人を引っ張って来て、様子を見せた。

友人は脈を取り、首を振った。

救急車を呼ぶかどうするかという話になったが、

それでは披露宴が壊れかねない。

それはおばあさんも嫌だろう、

との新婦お母さんの判断で

そのまま終わるまでそこにいてもらうことにした。

みんな恐らく寝ているだろう、

くらいにしか思わないはずと。

次ページで『新婦の祖母が眠るように亡くなってた②』をご覧ください!