夜道で男がうずくまってた。私『どうしました?』男『・・・』私『大丈夫ですか?』⇨肩に手をかけたら…。

夜道で男がうずくまってた。

『どうしました?』

『・・・』

『大丈夫ですか?』

⇨肩に手をかけたら…。

オッサンがうずくまってる①

夜は明かりが一切ない小道がある。

そこを通ればコの字型に迂回する

事なくマンションのほぼ正面に出られる、

ほんの10mくらいの曲がりくねった頼もしい近道。

ビビりなので夜は一人では通らなかったんだけど、

酔ってた+急いでた+「あんたより暗いのは私」

と言う勝利者の気持ち、

の3つの相乗効果である夜ついにそこを通った。

少し歩いた所の視界の先に、

月の明かりが生み出した影で

オッサンがうずくまってるのが見える。

立ち止まるくらいかなりビビったけど、

近寄って「どうしました?」と声を掛けるも返事はない。

今度はしゃがみこんで、

「具合悪いんですか?大丈夫ですか?」

と背中に手を掛けたらただのでかい石だった。

続きは次ページでご覧ください♪