「ペットショップで販売できるのは保護動物のみ」条例が可決。その目的は…

新しく「ペットショップで販売できるのは、保護されている犬や猫に限る」という条例が、サンフランシスコで可決されました。

ペットショップで販売できるのは、保護動物のみ

現在、日本では、年間約10万頭の犬や猫といった動物が殺処分されています。

これは、1日あたり200頭以上もの命が処分されているという、とても悲痛な現実です。

今回、アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコで、新しくペットショップで販売できるのは、保護されている犬や猫に限る」という条例が可決されました。

この条例は、

  • ペットショップで販売できるのは、保護動物のみ
  • 生後8週間未満の動物は販売禁止
  • ライセンスを持っているブリーダーは例外とする

といものです。

国の認可を受けているブリーダーは、この条例の影響を受けません。

ですが、非人道的に動物を生産し続ける、悪質なブリーダーも存在します。

悪質なブリーダーを淘汰すること、そして、保護動物たちが新しい家族を見つけることを目的としているそうです。