死と隣り合わせの戦地で出会った一匹の犬。兵士の決意が奇跡を起こす

アメリカ軍の海兵隊員だったクレイグさんは、任務として争闘中の激戦地に派遣されました。

死と隣り合わせの戦地で、ある一匹の犬を見かけます…。

死と隣り合わせの戦地で出会ったのは…

2010年のある日、アメリカ軍の海兵隊員だったクレイグさんは、とても危険な任務を与えられました。

任務を命じられた先は、アフガニスタンのヘルマンド州サンギン地区という場所です。

ここは、アメリカ軍海兵隊員を中心とした部隊と、イスラム武装勢力タリバンの戦いが繰り広げられているまさに”死と隣り合わせ”といえる激戦地でした。

クレイグさんはある日、激戦地で一匹の犬を見かけます。

アメリカ軍には『兵士は犬に近づいてはいけない』という決まりがありました。

これまで、クレイグさんは規則を破ったことはありませんでしたが、どうしてもその犬が気になったというクレイグさん。

軍の規則を破って、その犬に近づきました。

その犬は、誰かに飼われている様子もなく、どこからか拾ってきた食べ物を食べていました。

意を決したクレイグさんは、持っていたビーフジャーキーをその犬に向けて、近寄ります。

すると、クレイグさんに気づいた犬は、すぐに尻尾を振りました。

この瞬間から、クレイグさんはこの犬を「相棒」として連れて行くことを決めました。

”フレッド”と名づけられたこの犬は、クレイグさんについていくようになりました。

クレイグさんが危険な場所へ任務に行く際も、隣を離れなかったといいます。

そして、一度もクレイグさんの仕事の邪魔をすることはなかったそうです。

フレッドは、たちまち兵士たちの人気者になりました。

死と隣り合わせの危険な戦地で働く彼らにとって、フレッドの存在に心が癒されたのでしょう。