キングカズが年下の選手へも「敬語」を使う理由がカッコよすぎる!

\ニュートレに『いいね』お願いします/

日本サッカー界に君臨し続ける、キング・カズこと三浦知良選手。

彼は、年下の選手へも「敬語」を使い謙虚に接しています。

キングカズのある思いがありました…


 
 

原口元気選手の快挙に対し、キングカズは…


11月15日、サッカーW杯アジア最終予選の第5戦が行われ、日本はサウジアラビアに粘り勝ちました。

この日、原口元気選手(25)は、歴代初となるアジア最終予選での4試合連続得点という快挙を達成したのです。

原口選手がこの記録を更新するまで、最終予選での3試合連続得点という記録を保持していたのは、キング・カズこと三浦知良選手でした。

自身の記録を塗り替えられ、さぞ悔しいのでは…カズ選手のコメントに注目が集まります。

そして、カズ選手はインタビューに対し、こう答えたのです。

「素晴らしい、上手くなる方法を教えて欲しい。カズ会にもぜひ参加して欲しい」

親子ほどの年齢差がある原口選手に対して「教えて欲しい」といった謙虚なコメントを残したカズ選手。

原口選手を一人のプロ選手としてリスペクトしていました。

さらに、海外で活躍する日本人選手たちを激励するための、カズさん主催の食事会、通称「カズ会」に参加して欲しいともコメントしていました。