王冠を載せた女の子を抱きしめられた皇后陛下にオランダ国民が絶賛と感動を呼ぶ。

\ニュートレに『いいね』お願いします/

オランダ国民の反日感情を解きほぐした皇后陛下の行動に多くの賞賛が集まってます。

天皇皇后両陛下の真摯かつ慈愛に溢れたお心使いに触れてください。

 
 

日本とオランダの関係

出典:Google画像

日本とオランダは、17世紀ごろから親しい交際を重ねてきました。

江戸時代、鎖国の世でもオランダとは国交を結び、ヨーロッパの学問や技術をオランダから学んでいました。

それは蘭学として1つの学問となって存在していました。

なかでも医学を主とする自然科学がその中心で、杉田玄白・前野良沢らがオランダの『ターヘル・アナトミア』を日本語に訳した『解体新書』を発表したことは大きな功績です。

それほどに良好な関係であった両者の関係は第二次世界大戦により、崩れ去りました。

 

オランダ国民の反日感情

出典:Google画像

第二次世界大戦時にイギリスに亡命していたオランダ政府が、日本に対し宣戦布告し、当時オランダが植民地としていたインドネシアに日本が進攻・占領し、両国の関係は悪化しました。

この時、日本軍はオランダ人を捕虜とし、食事もろくに与えず強制労働を強制したために多くのオランダ人が命を落としました。

そのことで、オランダの反日感情は強くなったそうです。

1945年には日本の戦争も終結し、対日戦争参加諸国とサンフランシスコ条約を結びます。

この時、オランダは日本に対する賠償請求権を放棄しますが、1956年に結んだ「オランダとの私的請求権解決に関する議定書」により、日本から30億円以上の補償を受け取りました。

それでも日本に対する憎しみの感情は収まっていませんでした。

1971年に昭和天皇がオランダを訪問された際には、車に卵や魔法瓶を投げつけられる事態が発生するほど、反日感情は根強く残ってる状態でした。

ここまで悪化した関係に転機が訪れます。

それは2000年5月ことです。

両陛下のオランダ訪問の際、どんな行動をとられたのでしょうか?