マンションで赤ん坊の泣き声がうるさいと苦情⇒それを受けた管理人が配布した『意見書』が胸に突き刺さる!

マンションで赤ん坊の泣き声がうるさいと苦情。

それを受けた管理人が配布した『意見書』が胸に突き刺さる!

マンションで赤ん坊の泣き声がうるさいと苦情

近隣とのトラブルは今も昔も変わらず絶えないものです。

ましてや多くの家族が入居するマンションにおいて

回りの騒音はトラブルの上位を占める苦情と言っても

過言ではないでしょう。

さて、今回のお話は、とあるマンションで

赤ちゃんの泣き声がうるさ過ぎるという苦情に対して

管理人がとった行動が、とても共感し胸に突き刺さる

内容になっているので、紹介したいと思います。

苦情は実に3つの世帯から寄せられ、それに対して

管理人は「意見書」という形で、その苦情元である

3世帯に配布したのであります。

その「意見書」が問題解決に尽力しているのは

もちろんの事、加えてこの問題の根本にある「子供との接し方」

についての意見が綴られていたのでした。

その「子供との接し方」が私達の忘れていたものに

気付かせてくれて、とても考えさせられました。

次ページで、その「意見書」の内容を詳しくお伝えします。