「15年越しの願い」が叶ったマレーシア人の男性→天皇陛下のお言葉に涙する…

日本の天皇陛下とマレーシア国王の間で、生まれたとても心温まる話を紹介します。

天皇陛下に、手紙をしたためた少年

2017年に日本とマレーシアは国交60周年を迎えました。

天皇陛下は今までに3度マレーシアを訪問され、マレーシアからも国王や首相が数度に渡り来日するなど、良好な関係を築いています。

そんなマレーシアに住む男性と、天皇皇后両陛下の心温まる話を紹介します。

1991年9月30日、マレーシアを訪問された陛下と美智子さま

クアラルンプールに到着されたあとは、国会議事堂前での歓迎式典や晩餐会に参加され、翌日に予定されていたマレーシアの都市クアラカンサーを訪れることを楽しみにされていました。

両陛下は、マレーシアの首都、クアラルンプールに到着されたのちに、国会議事堂前での歓迎式典や晩餐会に参加され、その翌日に予定されていたマレーシアの都市、クアラカンサーを訪問することをとても楽しみにされていました。

しかしながら翌日、隣の国、インドネシアで山火事が発生し、煙などの影響で飛行機の離陸が困難になってしまいます。

結果、両陛下のクアラカンサーへのご訪問は中止となってしまいました。

その報告を受け、誰よりも悲しい思いをした人がいました。

それは、クアラカンサーに住む15歳の少年、ムハマド・ハフィズ・オスマンさん。

親日家である祖父と父の影響を受け、日本文化をこよなく愛する彼は、両陛下が訪問されるのを待ち望んでいました。

彼が通っていた学校マレーカレッジにて、両陛下歓迎の挨拶を担当していたハフィズさんは、訪問中止のあまりの悔しさに、涙が枯渇するほど泣いたそうです。

しかしハフィズさんは決して諦めませんでした。

後日、祖父から教育されていた日本人の義理堅さを信じ、両陛下がまた訪問されることを願って、手紙を書いたのです。