黒と鼠色の雑種の犬⇨実はその犬の飼い主はあの超大物だった !?

黒と鼠色の雑種の犬。

実はその犬の飼い主はあの超大物だった !?

黒と鼠色の雑種の犬の飼い主

ある日、早朝の公園で

ミニチュアダックスを散歩させていたら

黒と鼠色のブチのお世辞でも

綺麗とは言えない雑種の犬が

こちらに猛然とダッシュしてきた。

 

私は危険を感じたので

ミニチュアダックスを抱き上げた。

その雑種の顔を見ると

とても穏やかな表情で

尻尾をふってこちらを見ている。

 

どうやら遊びたかっただけのようだ。

ちょっと安心したのも束の間遠くの方から

「オーイ!カポネ!だめじゃないか!」

と大声で怒鳴りながらトレーニングウェアで

こちらに走ってくる人物が…。

 

よくみるとカズこと三浦知良じゃないか!

カズは

「どうもすみません

リードを振り払って

走っていってしまったもので」

と恐縮しきりだったので

「いいですよ。でもこの犬は

カズさんの犬じゃないですよね?

どなたの犬ですか?」

と聞いてみた。

 

なぜなら雑種の日本犬だったからだ。

するとカズは笑顔でさらりとこう答えた…。

次ページで『カズは笑顔でさらりとこう答えた…。』をご覧ください!