自閉症というハンデを背負った青年が、スターバックスで大人気のバリスタになった話

\ニュートレに『いいね』お願いします/

カナダ・トロントにあるスターバックスで、サムさんという10代の青年が人気を集めています。

サムさんは、注文を受けると”まるでダンスを踊っているようにコーヒーを入れてくれる!”と注目を集め、今では大人気のバリスタになりました。

そんな彼は、生まれつき自閉症でした。

 
 

自閉症というハンデを努力でチャンスに変えた

カナダのトロントに住む17歳のサムさんは、生まれつき自閉症で、”生きる意味がわからない”と悩んで過ごしていたそうです。

しかし、彼はスターバックスで勤務することが決まった時、両親に”自分の人生に初めて意味があると感じられた”と話したといいます。

ですが、サムさんは自閉症の症状からじっとしている事が苦手で、突然体を動かさずにはいられなくなります。

その為、サムさんは自分がカウンターの後ろに立って働けるとは思っていませんでした。