弱き者を虐待する老人ホームの実態が明らかに!なんと女性が泣くまで殴打する介護士…

とある介護施設で、98歳の高齢女性の介護をしていた人が、女性が泣くまで殴りつけたという事件がありました。

そのような事件、そして虐待した人に深く反省して頂きたい…

介護施設の現状

高齢者の中には、介護を必要とする人々も多くいます。

テキサス州ガーランドの老人ホームで入所生活を送るミニー・グラハムさんもその一人です。

98歳のミニーさんは優しく親しみやすい人柄で、親族に愛されている高祖母でした。

優しや溢れる笑みですね!

しかしそんなミニーさんから、老人ホームの職員に傷つけられていると打ち明けられた孫娘のハーディンさんとバラードさんは衝撃を受けました。

ミニーさんによると、一人の介護士が特に酷い仕打ちをすると言うのです。

※下の画像は酷い仕打ち後の写真

実際にミニーさんが入所生活の中で頻繁に負傷していたことに気づいた家族は、老人ホームの経営管理側に問い合わせました。

管理側の説明によるとミニーさんの怪我は車椅子からの転倒によるものだということでした。

ミニーさんの家族にとって納得のいかない、全くもって信じ難い説明でした。

不穏な背景を察知した家族は真相を知るため、ミニーさんの部屋に隠しカメラを設置し、そこで何が起きているのかを撮影したのです。

そして、録画されたビデオ映像は、あまりにも酷いものでした。