Amazon名乗る詐欺メールが本物そっくり…その内容にゾッとする

\ニュートレに『いいね』お願いします/

”Amazonによく似た詐欺メール”が出回っていると、Twitter上で話題になっています。

危険な詐欺サイトは、本物そっくりに作られていました…

 

 

本物そっくりの詐欺メール

知らないアドレスから届く迷惑メールって、本当に困りますよね。

最近、”Amazonを名乗る詐欺メール”が出回っていると、ネット上で話題になっています。

本物のサイトと見分けがつかないほど、非常に巧妙に作られているようです…。

そのメールが届いたというTwitterユーザーやつさめ(@yaaaa_0816さんは、「注意喚起」の意味合いも込めて、メールの内容をツイートされていました。

多くのユーザーから「参考になった」という感謝の言葉が寄せられています。

一体、どのような内容なのでしょうか…。

 

Amazonからメールが。しかし、よく見てみると…

ある日、やつさめさんのもとに、Amazonからメールが届いていたそうです。

宛先にはAmazonの文字が入っており、次のような内容が書かれていました。

Amazon-Jp:お支払い情報を今更新する必要があります

親愛なるお客様、

これはあなたのサービスが現在中断されたという通知です。

このサスペンションの詳細は次のとおりです。

停止理由:アカウントに確認が必要

今すぐ確認する:https://◯◯

重要:
========
7日以内にサービスを更新しないと、サービスは永久に削除されます。
すべてのアカウントは、データの機密性を確保するために完全に消去されます。
その後、データを回復することはできません。

そして、本文中にあるURLをクリックすると・・・

こちらの偽サイトのサインインページに飛ぶようです。

 
 

本物はこちら。

これは見分けがつきません・・・。

ロゴマークなど細部まで酷使されています。

やつさめさんは、偽のサインインページであることを見抜くためのポイントとして、2箇所、赤字でチェックしています。

①URLがおかしい

②「利用規約」「プライバシー規約」「ヘルプ」のどれをクリックしても同じサインインページに戻る

また、「文面が怪しくても、あまりにサインインページがリアルために騙されそうになる」と今回の詐欺メールについて言及していました。

中には、「こんなメールに引っかかる人いないでしょ」といったコメントもありましたが、普段からAmazonを利用している人であれば、何も考えずサインインしてしまう可能性があります。

31日、フィッシング対策協議会も、メールアドレス、パスワードなどの個人情報や、クレジットカード情報を絶対に入力しないよう注意を呼び掛けています。

皆さんも、お気をつけください!