井上尚弥「強かった」ドネアと2度も抱擁し敬意

井上尚弥「強かった」ドネアと2度も抱擁し敬意

階級王者のWBA・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)が真の階級最強王者の称号を手にした。

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝で

5階級王者のWBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦。

3-0の判定で勝利を飾った。

井上尚弥「強かった」ドネアと2度も抱擁し敬意①

もう右目は見えていなかった。

井上尚は2回にドネアの左フックで右目上をカットして流血すると

「見えない。ドネアが2重に見えた」。

キャリア初の目周囲のカットにも動揺しなかった。

軽量級レジェンドの底力にも押されたが、11回には左ボディーをねじ込み、ダウンを奪った。

「結果的には世代交代できたかな」

とほっとしつつ

「みなさんの期待するファイトではないと思います。これがボクの実力です」。

1年間で王者クラスと3戦を戦い抜き、アリ・トロフィーを手にしても満足しなかった。

5年前の14年11月、横浜市の所属ジムにドネアの訪問を受け、世界戦に向けたアドバイスをもらった。

当時、主戦場は2階級も違った。

次ページで『井上尚弥「強かった」ドネアと2度も抱擁し敬意②』をご覧ください!