【恐怖】新潟少女監禁事件の犯人・佐藤宣行の現在⇒事件から17年。犯人は出所したが…。

新潟少女監禁事件の犯人・佐藤宣行の現在。

事件から17年。犯人は出所したが…。

新潟少女監禁事件

1990年11月13日に新潟県三条市の路上で誘拐された当時9歳の少女が、2000年1月28日に同県柏崎市の加害者宅で発見されたことにより、発覚した誘拐監禁事件。

監禁期間が約9年2カ月という長期に渡っていたことや事件に関わる新潟県警の捜査不備や不祥事が、次々と発覚したことなどから社会的注目を集めました。

出典元:ja.wikipedia.org

少女の監禁生活の実態

新潟県で当時小学4年生だった少女が、学校から下校途中に犯人である佐藤宣行被告に、ナイフで脅され誘拐されました。

佐藤宣行被告は少女に脅迫的な文言を繰り返し浴びせる、ナイフを突きつける、顔面を数十回殴打するといった暴行の上で、最初の2~3カ月間は自身の外出や就寝の際には、少女の両手足を緊縛して身動きが取れないようにしていました。

その後両手の緊縛は解かれたものの、両脚の緊縛については1年ほど続き、少女の脱出意志を喪失させました。

佐藤宣行被告の生活に関わる雑用をこなさなかったり、プロレス技を掛けられ少女が苦痛に声をあげたときなどにもスタンガンの刑と称して暴行が加えられました。

1999年頃から佐藤宣行被告は母親に対してもスタンガンを使用し始め、同年12月に再び精神病院を訪れた母親は、佐藤宣行被告の家庭内暴力が激しさを増していることを訴えました。

1月28日、医療保護入院措置の実施のため、医療関係者、保健所職員および市職員など7名が被疑者宅を訪れました。

精神保健指定医が

「お母さんの依頼で診察に参りました」

と告げ、返事を待たず部屋に入りました。

ベッドで寝ていた男はこれに気付き

「なんで入ってくるんだ!」

と抗議、これに対し指定医が法律を説明し…

「あなたは入院が必要であると認定されました」

と告知すると佐藤宣行被告は激しく暴れだしました。

その後、関係者の注意は騒動の間にも動いていた様子があった毛布の塊に向けられました。

市職員が毛布をハサミで切り開くと中から異様に色白な短髪の少女が現れました。

市職員は…

「あなたは誰ですか。話をしてください」

「名前は?どこから来たの」

などと問い掛けたが、少女は口ごもり…

「気持ちの整理が付かないから」

と話しました。2月11日、体調回復した男は警察車両に乗せられて裏口から退院。

病院敷地内での逮捕は避けて欲しいという院長の要請により、敷地から出た時点の午後2時54分、佐藤宣行被告は警察に逮捕されました。

新潟少女監禁事件の裁判で佐藤宣行被告に懲役14年の有罪判決が確定しました。

そして、少女は発見された当初、体は酷く痩せ細っていて歩けないくらい足腰も弱っていました。現在は徐々に回復し教習所まで通えるようになったり、家族と旅行するくらい元気になっているそうです。

次ページで「佐藤宣行の現在とは?」をご紹介します!