安楽死させたはずの愛犬が生きていた…。半年後に別の場所で生活をしている愛犬の姿に涙する…。

安楽死させたはずの愛犬が生きていた…。

半年後に別の場所で生活をしている愛犬の姿に涙する…。

安楽死という選択

アメリカのユタ州に住むタウニー・コートさん一家は10歳になるボクサー犬のゾーイというメスの犬を飼っていました。

子ども達もゾーイと毎日楽しく遊んでいたのですが、2016年頃からゾーイは度々発作を起こすようになりました。

この様子を見た家族は「もしかしたらゾーイは近いうちに死んでしまうかもしれない」と感じていました。

しかし不幸は続き、ダウニーさんの夫が生活苦から銀行強盗を働き、刑務所へ収監され、住む家まで失ってしまい、ダウニーさん一家は精神的にもボロボロの状態でした。

日に日に具合が悪くなってくるゾーイに、11歳の息子のジャクソン君は「ゾーイは僕のベストフレンドだから」と言って毎晩ゾーイを抱きしめながら寝ていたのだそうです。

そして2016年11月19日に、タウニーさんは父親のラリーさんに「ファーミトンにあるベイビュー動物病院へ連れて行って安楽死させてほしい」と依頼します。

ラリーさんは動物病院にゾーイを連れて行き、手続きを済ませて215ドル(日本円で約23,000円)を支払います。

手続きを済ませたことでゾーイはもう死んでしまっただろうと思っていたのですが、この後まさかの出来事が起こります。

次ページで『安楽死させたはずのゾーイが生きていた』をご覧ください!

出典元:ワンニャー

▼ワンニャーおすすめ記事

安置された親友を見つめる猫。 その猫がとった行動に涙溢れる…。

愛する犬・猫が家族になった日と亡くなる最後の写真に涙が込み上げてくる…。

キュアペット(サプリメント)の口コミ・効果と犬の口臭・体臭の原因を調べてみた!

産まれたばかりの保護猫の父親になった猫。 深い愛情を注ぎ子猫の人生を大きく変える!

モグワン ドッグフードのお試し100円モニターを体験談レビューを通して徹底解説!