「劇的ビフォーアフター」に2100万払った結果⇒家が崩壊し大失敗!訴訟に発展する事態に…。

「大改造!!劇的ビフォーアフター」に2100万払った結果…。

家が崩壊し大失敗!訴訟に発展する事態に!?

ビフォーアフター大失敗!

所ジョージが司会を務める朝日放送『大改造!!劇的ビフォーアフター』は2002年開始の人気番組。

出典:www.yu-ma-blog.com

しかし、中には失敗もあります…。

週刊文春が報じたのは2100万円を使ったリフォームが大失敗し、訴訟ににまで発展したという「アキレス腱を切る家」。

▼アキレス腱を切る家とは…

家の中に段差があるためその昇り降りで妻が転んでアキレス腱を切ったため名付けられました。番組に依頼したのは中野区でラーメン店を営む中薗尚秋氏。

①傾斜地に建つ二軒の家を無理矢理リフォームで繋いであるため、合わせて110cm以上の段差が家の中にある。

②部屋間を移動するのにも段差があり、依頼者の奥さんはアキレス腱を切ったこともある。

③2階には、もっとも大きい高低差70cmの絶壁のような段差がある。

④車庫替わりに使っている最も低い部分にある狭い土間は、軽自動車が入るぎりぎりの広さで、駐車が至難のワザ。

⑤家の中でもっとも明るい南側の部屋が、通行量の多い道路に面しているため、騒音と埃でほとんど使用していない。

この家のリフォームを担当したのは“空間方程式の芸術家”滝澤俊之氏。

番組内では「分散された段差を解消することを第一に」と言って開始します。

見積もりはリフォームとしてはかなり高額2100万円にも関わらず、見せられたのは手書きの見取り図のみ。

しかも、完成までに中薗氏が匠と会ったのはたった2回だけ!

「実際に放送されたリフォームのビフォー・アフター」を次ページでご紹介します!

 
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin