同棲8年、帰宅したら私のパジャマを着た女が出てきて⇒私「その女誰?」彼「彼女。」私「えっ!?」

10年の交際期間、同棲始めてから8年のカップルの修羅場劇です。

ある日夜勤を早退して帰った彼女が自宅の寝室で目にしたものは…。

ショックすぎて、口もきけない彼女に彼氏は余りにも冷淡だった。

同棲8年の彼氏の仕打ち

10年も付き合い、同棲は8年にも及ぶ彼氏に手ひどく裏切られ、別れも一方的に切り出された30歳看護師の女性の修羅場話です。

彼女はあるサイトに混乱しつつ書込み、ユーザーたちに同時進行で相談に乗ってもらったり、彼氏との修羅場状況、事後の話し合い結果などを報告していたのです。

その内容を掻い摘んでまとめましたので、ご覧ください。

▼ま登場人物のスペックからご紹介します。

私子:30歳、看護師

彼氏:30歳、医療メーカー勤務

るりさん:彼氏の浮気相手、21歳

私子と彼氏は20歳の時に、同じ大学(私は看護学課、彼は理系)のサークルで出会い、付き合うように。8年前、彼氏と同居していたお姉ちゃんの結婚を機に、私子が彼氏の部屋へ引っ越し同棲スタート。

彼氏は無口で余り”好きだよ”とかアピールするタイプではなく、仕事ぶりも真面目一方だったと言います。

そんな彼氏なので、私子もいつか彼氏と結婚するんだろうなと漠然と思っていたとのこと。

それが一変する出来事が遂に起こったのです。

いや、正確に言えば彼氏の方には既に起きていて、知らなかった私子が突然残酷な現実を見てしまったという事です。

その日、私子は夜勤だったのですが、生理痛が酷く早退することにしました。

タクシーで彼氏と住んでいる部屋に戻り、深夜だったので静かに玄関を開けたところ…。

玄関を開けると、寝室から女の人の喘ぎ声が聞こえてきました。はあはあ言ってる声ではなく、なんというかA●のような激しい声。彼氏の名前を呼ぶ声も聞こえ、私は息が出来なかったです。

私はしばらく固まっていましたが、どんどん激しくなる女の人の声に耐えきれず、部屋から逃げ出しました。ガタガタ震えながら、辺りをウロウロし、近くのファミレスに避難。
頭がごちゃごちゃで何も考えられませんでした

次ページで「再度部屋の戻ると事が終っている二人がいた」をご紹介します!