【恐怖】絶対に殺しちゃいけない虫『ゲジゲジ』⇒見た目は気持ち悪いけど素晴らしい益虫だった!?

絶対に殺しちゃいけない虫『ゲジゲジ』

見た目は気持ち悪いけど素晴らしい益虫だった!?

ゲジゲジとは?

見た目は非常にムカデに似ていますが全く違います。

ゲジゲジの方が身体が短く脚が細長く触覚も細長い。

ゲジゲジは正式には「ゲジ(蚰蜒)」といい、日本には2種類います。

一般的によく知られているゲジゲジは、体長20〜30ミリ程度で灰色がかった黄色をしたムカデの仲間で全国に分布しています。

もう一方は、その倍ほどの体長45~60ミリもあるオオゲジで、こちらは四国、九州などの西日本に生息しています。どちらも脚は15対で細長く体長の数倍もあります。

動き方も全く違い、ムカデは身体をくねらせるのに対し、ゲジゲジはこの脚が長く多くある為に、滑るように脚で移動することが出来ます。

では、このゲジゲジが一体どういった意味で益虫なのでしょうか?

次ページで「ゲジゲジが益虫だという理由」をご紹介します!