飲みかけのペットボトルを3時間放置した結果⇒トンデモない事になっていた!?

飲みかけのペットボトルを3時間放置した結果、トンデモない事になっていた!?

飲みかけのペットボトルを3時間放置したら…。

いつでも持ち運べて便利なペットボトル。しかし、一度口をつけたペットボトルは、恐ろしい腹痛や食中毒を引き起こす原因にもなります。

口の中にいる何百種類もの菌が口をつけることでペットボトル内へと移り、中の栄養でどんどん繁殖していくからです。

その量はなんと1リットルで1000個だった細菌が、3時間後に1万3000個、24時間で2000万個にまで増えるそうです。

恐いのはドリンクの種類により繁殖する菌の量も異なること。

そこで身近によくあるドリンクで、菌の繁殖率を調べたデータが公開されています。

菌の繁殖率を調べたデータ①

これらは一週間、春先の気温の20℃前後で放置した結果の実験画像です。

▼水

有機物をほとんど含まないため、一週間経ってもあまり増えず。

ペットボトルは綺麗な状態を保っています。

▼麦茶

水と比べ、かなりの菌が増えています。

ペットボトルは特に見た目、臭いに変化なし。

しかし、目に見えない菌だけが増えています。

▼緑茶

同じお茶なのに、麦茶とは違う結果。

カテキン効果なのでしょうか。

次ページで「菌の繁殖率を調べたデータ②」をご紹介します!