「震災の寄付はアピールするべきではない」ビートたけしが苦言。その理由に多くの人が賛同…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

大きな震災が起きた時にボランティア活動などが行われる一方で、著名人や芸能人などが寄付をするなどの素晴らしい行為を行なっています。

それに対してビート武が苦言を…

 
 

震災などで著名人や芸能人などが寄付するなか多くのメディアが「〇〇が寄付しました」などを公に寄付アピールすることは「何か違う気がする」とビートたけしさんは言います。

これは、自身の著書『テレビじゃ言えない』の中で、非常に興味深い発言をしている事が話題となっているので紹介します。

 

『テレビじゃ言えない』

そもそも寄付もボランティアも自分の意思でやることなんで、他人や世間がアレコレ言うべきことじゃない。

いくら売名だと言われようと、身銭を切っているのは事実だ。

寄付自体が立派なことなのは間違いないよ。

だけど、そもそもなぜ誰がいくら寄付したかみたいな情報がここまで世間に知れ渡っているのかって疑問はある。

昔から寄付だとかボランティアってのは、世間にバレないようにコッソリやるのが当たり前で、それが美徳だったと思うけどな。

 
 

寄付するのはかまわネェけど、私は寄付しましたっておおっぴらに名乗るのは、何だか違う感じがするね。

ニッポン人のってのは、昔からそういうもんだったはずだぜ。

時代劇なんか観てたってそうじゃない。

人助けをしておじさん、お名前は?って聞かれても、

名乗るほどのもんじゃねェよって去っていくのがいい話だったわけ。

誰かを助けるときにはオレからカネをもらったなんて絶対に言うなよ。みっともないからっていうのが基本だったんだよな。

それが今じゃ、振込用紙をネットにアップして寄付しました~ってアピールしてるバカがいる。

せっかくいいことしてるのに、あんまり下品だから損しちゃうんだよね。

 

そもそもボランティアってのは「気持ち」が大事なはずだからさ。

「500万円」なら褒められて、「50円」だったらバカにされるってもんでもない。

スポーツ新聞やらで、有名人の寄付の額がガンガン報じられるのも、なんか違うぞって気がするね。

 

そういえば東日本大震災のときの寄付って、キチンと被災者のために使われてるんだろうか。

オイラもそれなりに寄付したけど、その使い途がどうなってるのかまったくわからない。

慈善団体にはもうちょっとわかりやすくカネの行方を教えてほしいもんだよな。

じゃないと、今後同じようなことがあったときにあれじゃあ役に立つのかわからない

誰かが途中で抜いてるんじゃないかって思われちゃうよ。

出典:『テレビじゃ言えない』

ビートたけしさんが言うように寄付することは、本当にありがたいことで被災者たちも感謝していると思いますが、その寄付を「おおっぴらに名乗る」のは少し違う気がします。

ボランティア活動するにあたって自分の人気度をあげるためだけにするのはよくありません。

ボランティア活動することに意味があると考える前に、ボランティア活動をなぜするのかと考えてからボランティア活動を行なって欲しいものですね。

 

ネットの声

  • 「全く同意。公表する奴も、それを報道する奴も、どっちも下品。そう、下品という言葉が一番しっくり来るな。それでもやらないよりはマシだけどね。寄付もせずに偽善と責めるのは一番の下劣。」

 

  • 「困っているであろう人に、何かしら手を差し伸べたいと考えてするべき。本当に困っている人もいるのによく自分のステータスで寄付できるな。ありがたいけど…」

 

  • 「これには同意する あと名乗ると後から乞食が「私にも寄付してくれ」とかって言いに来そうだから絶対名乗らない方が良いよな」

などの意見がありました。