ある新聞に寄せた子供の素朴な疑問「なぜあんな会社にいるの?」その意見に反響の声が。

\ニュートレに『いいね』お願いします/

父は家庭の時間を大切にしたいが、人によっては仕事が忙しく家庭の時間が作れない人も多い。

今回は、とある中学生が新聞に投稿した客観的な意見が話題になっています。

 
 

子供の頃の思い出は大人になっても記憶の奥底にあり、時々楽しいことや悲しいことまで思い返すことはありませんか?

休みの日には家族と一緒に過ごし、出かけたり、ご飯を食べたりと・・・

ですが、子供の頃にの家族が忙しく休みの日も家族と入れない子供たちも中にはいます。

今回は、とある新聞の投書欄に寄せられた、中学生の投稿に注目が集まりました。

投稿者の父親の労働の在り方・家族と過ごす時間について、言及しています。

「なぜ父はこんなに会社にいるの?」

中学生 (東京都 15)

父は朝、私が起きるころに家を出て、夜、私が寝るころに帰ってくる。

だから学校の行事には母が出たし、私もそれに不満はなかった。

しかし、友達の父親と自分の父との違いに、だんだん悩まされていった。

友達の父親は、休日は一緒に買い物に出かけたり、家でご飯を食べたりしている。

私にはそういう経験はなかった。

なぜ父はこんなに会社にいるんだろうとしだいに感じ始め、思い切って父に聞いた。

「え?それは家族の生活を守るためだよ」

父の返答を聞き、それは違うと思った。

 
 

父も大切な家族の一員なのに、父の生活は全く守られていなかった。

その証拠に、父の顔は疲れ切っていて青白かった。

電通で女性社員がブラックな労働環境に耐えきれず自殺してしまう事件があった。

政府も対策を講じているが、効果があるかはわからない。

根本的に、一人一人の大人が意識を変えないと、日本は良くならないのではないか。

私が大人になって働いている時、

子供になんでお母さんはこんなに働くの?と言われないような社会になってほしい。

幼い頃に感じる友達との違いは、変わらないのは分かっているが、自分には出来ないことをしていいる友達を疎ましく思ってしまいます。

また「父の生活は全く守られていなかった。」と言っているように、自らを犠牲にし、身を粉にして働きすぎる父の姿がよほど辛そうだと感じたのでしょうか。

これに対し、ネット上では様々な意見がありました。

 

ネットの声

  • 「皆が皆定時で帰れるようにしたらほとんどの会社が潰れてしまったりしないんですかねぇ それに自営業の人ならそんな事は思わないかもしれないですよね 職種にもよるかもしれませんがね」

 

  • 「中学生にして、ここまで客観的に周りの環境をみることができ、表現できるのは凄いと感じるし親を大事にしていることが感じられて、いい家族なんだと言うことが伝わってきますね。」

 

  • 「お父さんは経済的に、物質的に家族を守ることを優先し、一方は時間を過ごすことを優先してるのかな。仕事の内容にもよるけど、みんなで知恵を絞って両方うまくいく社会を目指そうよ。意味あると思う。もっとも、豊かな人生について思考したくない人にとっては今が理想ね。」

 

  • 「娘は、父親をはたしてどれだけ知っていたのだろうか。理解していたのだろうか。 きっと、父親の苦悩は、父親にしか分からない、分かり得ないことがほとんどなのではないか。 父親は、妻のために、娘の幸せのために、全力で戦っていたのだと思う。 それが男の性だと思う」

などの意見がありました。

過労死や、長時間労働、残業代未払いなど、世間でブラック企業と言われる企業が多くあるが、またそれも経済の変化の影響でもある。

何かを削れば、何かが削られる。経済とはそうゆうのもでもあります。

だが、この中学生の発言のように、根本的に一人一人の意識を変えなければ、経済も豊かにならず、さらに過酷な労働になって行くのではないでしょうか。