手話に対する偏見…「手話で話していたら笑われました」→手話を見世物扱いされた人の悲しみ…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

手話は、視聴覚障がい者の人だけでなく、一種のコミニュケーションとして使用しています。

しかし、未だに手話は見世物にしてバカにしている人たちもいます…

 
 

笑い者にされた…

手話は耳の不自由な方がコミュニケーションをとるツールとして、重宝されています。

そんな手話に対して、バカにされ笑い者にされたとFacebookを通して訴えかけたとある人がいました。

Facebookに投稿した人は、耳の不自由な方をご友人にもつ方で、その日は、電車内でいつものように手話を使って会話していたと言います。

ところが…

目の前に座っている女子高生がなにやら笑い出していることに気づく投稿者。

その目線の先には明らかに投稿者と友人が手話で会話をしていることで笑っていたと感じたといいます。

さらに、女子高生は笑うだけでなく驚愕な行動を…