過保護すぎる親たちの意識を変えた!ある小学生の作文が心に響く…

\ニュートレに『いいね』お願いします/

私立小学校の授業参観に参加した過保護すぎる親たち。

ある生徒が発表した作文が、その場にいたすべての親たちの意識と、教室の空気を一瞬で変えた。

その内容とは…

 
 

近年、モンスターペアレントや過保護すぎる親などが問題視されています。

そんな中、ある都立私立小学校の授業参観で、一人の生徒が読んだある作文が話題に。

その作文の内容はネット上に投稿され、「考えさせられる…」「全国のモンスターペアレントに読ませたい」など多くの反響を呼んでいます。

では、どのような内容なのでしょうか?

 

過保護すぎる親たちが集まった授業参観

東京都内にある、私立小学校で授業参観が行われました。

教室では、「家族への想い」をテーマに書いた作文を、生徒たちが発表しています。

しかし、過保護すぎる親たちは落ち着きがなく、発表中にも関わらず子どもを褒めたり教室の清掃にケチをつけたり、教室には少し様な空気がただよっていました。

思わず担任の先生も苦笑いしてしまうほどです。

その時、一人の生徒が手を挙げ、次の発表をしたいと申し出ました。

この生徒の作文は、その場にいたすべての親たちの意識と、教室の空気を一瞬で変えてしまいました。

その作文の内容を紹介します。