「70代父が引きこもりがちで困る」30代娘の相談に批判殺到!これは酷い…

読売新聞に、30代女性から「父親がひきもりがちで困る」という相談が寄せられた。

この相談が「あまりにも酷い」と批判殺到!

思わず耳を疑う、相談内容とは…

父が引き引きこもりがちで困る

4月8日、読売新聞の「人生相談」を行う投書欄に、30代女性から「70代後半の父親が家にひきもりがちで困っている」という相談が寄せられました。

この相談が「あまりにも酷い」と、ネット上に拡散され炎上しているといいます。

どのような相談内容なのでしょうか…

70後半の父が引きこもりがちで、困っています。

横になってテレビを見ていると思ったら、いつの間にか寝ていたり、起きたと思ったら、パソコン相手にゲームを始めたり。

誘って外出しても、すぐに「疲れた」「足が痛い」などと言い出します。

父は、70歳まで仕事をしていました。

家では愚痴をこぼすこともありましたが、私たちのために頑張って働いてくれたと思います。

しかし、これといった趣味がない上、プライドが高く、人付き合いも悪いため、退職後のことが気がかりでした。

予感的中でした。

退職したばかりの頃は、ジムに行って汗を流したり、家でよく料理を振舞ってくれたりしていました。

それが最近は全くなく、家でゴロゴロしているのを見ると、「何もすることがなくていいね」と思ってイライラしてしまいます。

尊敬できる父だった」と思えるよう、終活を始めるなど、これからの人生をしっかりと生きて全うしてもらいたいのです。

(東京・E子)

30代の娘が、引きこもりがちの70代後半の父親が嫌で困っているというのですが…。

今まで家族のために何十年も一生懸命働いてきたのに、家でゴロゴロしてるだけで死ぬ準備しろと思われているなんて…いたたまれません。

70代後半になり、のんびりと暮らすことは許されないのでしょうか?