初詣「ベビーカーは控えて」と要請した寺。差別だとネットで大騒ぎに…

2017年のお正月、乗蓮寺が「ベビーカーご利用自粛のお願い」という看板を掲示しました。

寺側のやむを得ない事情で出されたのですが、ネットでは差別だと大騒ぎに…

初詣、ベビーカーでの入門禁止?!

2017年のお正月、ネット上ではある話題で持ちきりになっていたことをご存知ですか?

東京大仏で有名な乗蓮寺(東京板橋区)が、大みそかとお正月の三ヶ日に掲示したある看板について、ネットでは議論が交わされていました。

その看板とは、「ベビーカーご利用自粛のお願い」というもの。

ことの発端は、Twitterユーザーのspark@Yonge_Finch)さんが投稿した画像付きのツイートでした。

「何の落ち度もない単に小さい子供を連れたママさんが初詣に来て、

これを見て嫌な気持ちになると想像できないだろうか。

なら松葉杖の人も、車椅子の人も足の悪い高齢者も、視覚障害者も全部遠慮しろと?」

「ベビーカーご利用自粛のお願い」

年末年始は境内混雑のため後入門をお断りする場合がございます。

このツイートはまたたく間に拡散され、ネット上では「ベビーカーだけを自粛にするのは差別だ」などと抗議の声が。

著名人らもこのツイートに対して反応し、差別や少子化問題にまで議論が広がっていきます。