【気付いたら子供から学んでいる・・】急いでいるのに前の車が遅くてイライラする私。その時、娘の言った一言に衝撃が走った!

7歳の子供から学んだこと②

子供は、前方の車に苛立ちを

感じている私に、こう言いました。

「大丈夫かなぁ」

「前の車の人、具合悪くなってたりしないかなぁ」

私が苛立っていた車を、

体調が悪くてゆっくり

走っているんじゃないかと、

心配する言葉をつぶやいたのです。

その時、苛立ちを覚えていた自分を、

心から恥ずかく思いました。

同じ物事を見ているのに、

こうも見方が違った事に、

強い衝撃がありました。

子供には、

「思いやりのある子になるんだよ」

「人に優しくなるんだよ」

と教えているのに、

自分はちょっとした事で苛立ちを覚えている。

まるで、子供が

「人に優しくなるんだよ」

と私に教えてくれているかの様な、

そんな感覚さえあったのです。

子供に、

「そうだね、大丈夫かな」

と優しく返しましたが・・・

内心は、強い反省を覚えた事が、

今でも鮮明に記憶に蘇ります。

大人は色んなことを経験していて、

あらゆる出来事を自分で解釈する様になります。

しかし時には、自分の都合の良い様に解釈をする事で、

人として、大切なものを失くした解釈をしてしまう事も。

もしかしたら、そうした歪んだ解釈は、

中々大人自身が自分で自覚する

事はできないのかもしれません。