雨の降る駐車場に捨てられた1匹の犬。放心状態で立ちすくむその姿に胸を締め付けられる…。

雨の降る駐車場に捨てられた1匹の犬。

放心状態で立ちすくむその姿に胸を締め付けられる…。

飼い主に捨てられた犬の表情

動物保護団体に保護された犬たちは、年々増加傾向にありますが、保護された犬たちは本当に切ない表情をしていることが多いんだそうです。

とある雨の日、スーパーマーケットの駐車場に1匹の犬がその場でへたりこんだままじっとしていたんだそうです。

すっかり体はびしょ濡れになってしまったのですが、それでも気にせずにひたすら何かを待っているような雰囲気がありました。

そしてその表情は「悲しみ」そして「絶望感」が感じられるほど切ないもので、駆けつけた保護スタッフが言うには諦めのようなものも感じたと話していました。

この犬は一体どうしてしまったのでしょうか?

次ページで『諦めの表情を浮かべていた犬の切ない姿』をご覧ください!

出典元:ワンニャー

▼ワンニャーおすすめ記事

『汚い猫を見つけたので…。』 愛溢れる男性の行動に心打たれる…。

行方不明になった愛猫と再会した自閉症の少年。 愛猫を抱きしめ寄せる姿に涙する…。

乳酸菌サプリのキュアペットを口臭と抜け毛が酷い老犬に試した体験談口コミ

虐待で顔に酸をかけられ片目を失った猫。 それでも人間を信頼し助けを求める…。

『くぅ〜ん、助けてワン…』 木にロープで繋がれ、深い傷を負った子犬を発見した…。