知らないでは済まされない!バス「アナウンス」の本当の意味をあなたは知っていますか?

運転手の免許に違反点数が加点され、刑事罰の罰金もあります。

この事故が度重なると、なんと免停をくらってしまうとのこと…

バスの運転手の方が口酸っぱく

「バスが完全に停車するまで席を立たないでください」

とアナウンスするのは、こういった背景があるからですね。

ネットの声

  • 両替は停車中にお願いしますって流れてるのもこれが理由なので、バス走行中は席を立つことがないようにお願いします。

 

  • お立ちの方は手すりなどにおつかまりください。

 

  • こりゃ運転手さんが気の毒やわぁ。乗客の責任も考えなきゃね。

 

  • バス運転士はいくらお客が悪くても「車内事故」おこしたら下手したら免停で死活問題です!

 

  • 会社に多額の賠償を要求する方もいます!どうかこれ以上バス運転士をいじめないでください!

などの声がありました。

私たちが知らないことは時にして、悲惨な事件と変わっていくのです…

もう、「知らない」では済まされません。

また、バスだけでなくタクシーにも車内事故を防ぐ試みがあるそうです。

バスだけでなくタクシーも!

タクシーに乗車した際、ジーとベルトの着用を促されることがあります。

これも前述したバスと同様に、車内事故を防止するためなのです。

投稿者は、@totoro_gunsoさん。

後部座席でもシートベルトの着用は義務化されています。

こちらも車内事故を起こしてしまった場合、バスの件同様に、違反点数が加点されるため、免停の恐れがあるのです。

面倒臭いかもしれませんが、自分の身を守るという意味でも、シートベルトは着用しなければなりません。

先ほども言ったように

「知りませんでした。」

はもう通用しません。

自分だけを守るためにシートベルトや停車後に立つだけでなく、心の隅に運転手の気持ちも置いて頂けたらと思います。