救急搬送時のトラブル回避のためにある「 #7119」という番号知ってますか?

\ニュートレに『いいね』お願いします/

急病人や、怪我人などを病院へと搬送するためにかける「119」が不適切なときがあるようです。

一体どうしてなんでしょうか?

 
 

病院搬送時のトラブル回避のために誕生

出典:Google画像

急な怪我や突然の発作など、緊急なのか、病院へ行った方がいいのかどうかの判断がつかない場合があります。

その場合によりですが、「119」に電話するのが不適切な時もあります。

なぜかというと、2017年に消防庁が発表した調査によると、昨年の救急車の出動件数及び、搬送人員数共に過去最多を記録し、8年連続で増加傾向にあるそうです。

救急車を呼んでから現場に到着するまでの時間もかかるようになってしまい、本当に救急車を必要とする人たちの搬送に、支障をきたしてしまうことがたびたび起こっています。

実際に救急車での病院搬送が遅れて死亡した例もあります。

このようなトラブルを避けるために救急車の適正利用を消防庁が呼びかけてます。

貴方がもし救急車を呼ぶ際、緊急を要するのだろうか?と迷った事故や病気の時、専門のスタッフが相談に応じてくれるサービスがあるのをご存知でしょうか?

そのサービスとは一体どのようなものなのでしょうか?

そのサービスは次のページで詳しくお話しします。