お風呂で「おしっこ」すると大変なことに⇒そのデメリットの数々が恐ろしい…

お風呂の中でおしっこした時のあの解放感…しかし…。

実はその癖、治さないと大変な目にあう可能性があるんだそうです!

お風呂でおしっこしたくなるのは何故?

▼肝臓の動きが活発になるから

お風呂に入ると、血の巡りが良くなり、肝臓が元気になっておしっこが作られやすくなります。

膀胱にかなりたまらないとおしっこは出ないはずなので、あくまでその傾向であると考えてください。

▼体がリラックスするから

お風呂の入った瞬間、「ほっ・・」と声が出ませんか?

身体中が緊張から解き放たれた瞬間、筋肉が緩み、おしっこが出やすくなると考えられています。

▼おしっこ=水の音と脳がインプット

脳は水が流れる音に反応し、おしっこをしていいという指示をしています。

連鎖反応って怖いですね。

▼面倒だから

銭湯や人の家のお風呂で、おしっこをしませんよね?

本当は我慢できるはずなのに、繰り返すことのよって我慢できない体になってしまったのです。

実は面倒くさがりやの行動でもあります。

▼急に寒くなるから

服を脱げば、体温は下がるので一気にもよおしますよね。

冬、外にいればトイレが近くなるのと一緒ですね。

では、そのメリット、デメリットを次ページでご紹介します。