成功率高すぎる!⇒スマホのロックを簡単に解除できる裏技を大公開!

iPhoneのロック解除する方法②

▼パスコードを入力して解除するなら

一番いい方法はパスコードを入力してロックを解除すること。

通常であれば4桁の数字なので、生年月日や1111、9999、1234などわりと簡単な数字を設定していることがよくあります。

パートナーがパスコードを入力しているところを横目で確認したり、あらかじめ画面を拭いておいて残っている指の油でタップした位置を判断できる可能性もあります。

注意点は、6回連続で間違えると

「1分後にやり直してください」

と出て一時的に解除できなくなること。

これを繰り返すと5分、15分と操作無効時間が延びます。

この状態になってしまうと、無効時間内は指紋認証でもロック解除できなくなります。

パートナーが指紋認証で解除しようとしたときに勝手にロック解除に失敗したことがバレてしまいます。

「5回間違えたら(パートナーがロック解除してから)再チャレンジ」

がベストです。

▼指紋認証を使っているなら

パートナーが、普段から指紋認証を使っているなら、寝ている間にパートナーの指を押し付けてロック解除という手段が使えます。

指紋認証では5回ミスすると、パスコードでの解除しか受け付けなくなりますので何度もチャレンジできないことを念頭に入れておきましょう。

以上で、iPhoneのロック解除する方法3つでした!

あくまで悪用厳禁!

でも知っておいて損はない知識ですねw

パスコードを忘れてロック解除できなくなった場合。

初期化してバックアップから復元しなければいけません。

なので、慎重に行うことをオススメします!